おすすめ商品
売れ筋商品

JAZZGROOVE RECORDS

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
★Simon Sweeney Sextet/Emerald City Blues 2,500円(内税)

オーストラリアで今、最も忙しいトランペッター1人、Simon Sweeneyの自己名義デビュー作品。セクステット編成による正統派メインストリームジャズに真正面に取り組んだもの。現代的なタイム感覚が聞き取れ、そこが60年代の諸作との大きな違いと言えるでしょう。

★Spike Mason Quintet/OXIMETRIC 2,500円(内税)

アルト、ソプラノサックス奏者スパイク・メイソンの独自の音楽理論に基づいた作品。ふわふわとした幾層にも重なったシークエンスと浮遊感溢れる自由なインプロビゼーションの対比が聴き取れるところ等思わず聴き惚れます。

★Mark Harris Quartet/Entree 2,500円(内税)

パリの音楽修行から戻った、オーストラリアのベーシスト、マーク・ハリスが素晴しいメンバーと共に、自身の音楽を綴った自信作。

★Roger Manins Quartet/Hip Flask 2,500円(内税)

マイク・ノックのもとで演奏していたニュージーランドのテナー奏者、Roger Maninsのデビュー作品。ハモンドB-3とピアノの2台のキーボードを同時に使用したアイデアが面白い。グルーブ感も中々のもの。

★James Ryan Trio/Long Way Home 2,500円(内税)

新鋭テナー奏者、James Ryan のデビュー作。ノルウェーのJazzawayの作品かと間違うような爆音、轟音系テナートリオナンバーから、「Moonlight in Vermont 」「 Bye Bye Blackbird」などスタンダードまでカヴァー!

★Willow Neilson Quartet/Willow Neilson Quartet 2,500円(内税)

Willow Neilsonをリーダーとするテナー・カルテット。80年代後半から90年代初頭のまだ小難しくなる前の、ケニー・カークランドを擁していた頃のブランフォード・マルサリス・カルテットのようなモーダル一直線のカッコいいジャズです。

★Andy Fiddes/Livewire 2,500円(内税)

シドニー出身のトランペット奏者Andy Fiddesの2007年作品。Andy Fiddesのトランペットは、ニルス・ペッター・モルベルやデイブ・ダグラスを思わせるスペースとサウンドの広がりと奥行きを感じさせ、興味深い。

★Trio Apoplectic /Trio Apoplectic 2,500円(内税)

シドニー在住のヤングミュージシャン3人が2003年に結成したサックス・トリオTrio Apoplectic のデビュー作。ジャズの伝統的な部分にもちゃんと目が届かせた上で、オリジナリティーを追求する姿勢を貫いています。

★TOM O'HALLORAN TRIO / GREEN HILLS AND WHITE CLOUDS 2,300円(内税)

今から2年ほど前にボクが受け持っている「ジャズ批評」移入盤紹介のコーナーでも紹介し、隠れたベストセラーとなっていた本作、最近再び脚光を浴びエライことになってます!内容は100%保証のブリリアントなピアノトリオ盤!

★TOM O'HALLORAN TRIO / WE HAPPY FEW 2,100円(内税)

GREEN HILLS AND WHITE CLOUDS』で一躍ピアノトリオファンの耳目を集めたオーストラリアのピアニスト、TOM O'HALLORAN。パリッパリッの2009年最新作です!

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら