おすすめ商品
売れ筋商品

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
★Mal Waldron / My Dear Family 2,850円(内税)

木全信氏がプロデューサーを務めていたAlfa Jazzからの1枚。 グローヴァーとマルの共演が珍しい。 一見接点の無さそうな二人だが、青江三奈のアルバム「ザ・シャドー・オブ・ラブ」での共演がキッカケ。 マルの定番”レフトアローン”はじめ、マイルスの”ジャンピエール”ショーターの”フットプリンツ” ”さくらさくら””赤い靴”など興味深いナンバーがならぶ。

★Kenny Burrell Quartet / Then Along Came Kenny-Live At Village Vanguard 2,850円(内税)

モダンジャズギターの巨人、ケニー・バレルが1993年NYのヴィレッジ・ヴァンガードに出演した時のライブ盤。 ジェームズ・ウィリアムスをピアノに迎えたカルテットでの演奏。

★Message / The Art Of Blakey 2,850円(内税)

ドナルド・ハリソン、ブライアン・リンチ、ラルフ・ムーア、ロビン・ユーバンクス、ジェフ・キーザー、ピーター・ワシントン、カール・アレンの7人によるアート・ブレイキー賛歌。 アート・ブレイキー&JMのレパートリーを、フレッシュな感性で再解釈したハードバップ盤。 ボスがいないためか、より自由でのびのびしたアドリブが繰り広げられていいるように聴こえるが、そこは全員JM出身者・・・ブレイキーのジャズスピリットが見事に継承されています。

★Lee Konitz (With Lovano, Frisell, Guiffre, Bley, Others) / Rhapsody 2,850円(内税)

クール・ジャズの巨匠リー・コニッツが、クラーク・テリー、ジェリー・マリガン、ジョー・ロバーノ、ジミー・ジュフリー、ポール・ブレイ、ペギー・スターン、ビル・フリゼールら様々なトップ・アーティストたちと共演した豪華な意欲作。1993年6-7月、ニューヨーク録音。

★Henri Texier / Colonel Skopje (With Joe Lovano, John Abercrombie) 2,850円(内税)

フランスのジャズベースの巨匠が1988年ラベルブルーに吹き込んだ作品を、1995年復刻したもの。 アルド・ロマーノ、スティーブ・スワロー、ジョン・アバクロンビー、ブレイクした間もない、売り出し中のジョー・ロヴァーノと素晴らしいメンバーによるグループエキスプレッションと充実したアドリブが展開された音楽性の高い逸品。

★Jerry Bergonzi / Peek A Boo   2,850円(内税)

ジェリー・バーガンジが、ヨアヒム・キューン、ダニエル・ユメール、タイガー大越、デイヴ・サントロという素晴らしいメンバーを率いて1993年ラベルブルーに吹き込んだ名盤。 以心伝心のキューン=ユメールのガンガンバッキングに立ち向かうバーガンジのアドリブが冴え渡る。 現代ヨーロッパジャズの傑作。

★Pat Martino / The Maker   2,850円(内税)

脳動脈癌による記憶喪失で一時再起不能といわれながら復活した、超絶テクニックのジャズ・ギターの神様、パット・マルティーノの1994年録音カムバック作品。 パドルホイールからリリースされたものが、輸入盤ではEvidence から発売された。

★Joanne Brackeen Quartet / Turnaround   2,850円(内税)

エヴィデンスのオリジナル録音盤。 ジョアン・ブラッキーンが1995年スイート・ベイジルでドナルド・ハリソン、セシル・マクビー、マービン・スミッティ・スミスという活きのいいメンバーからなるカルテットで出演した時のライブ盤。

★Phil Woods Quintet / An Affair To Remember   2,850円(内税)

ヴィーナスレコードからリリースされた作品を、Evidence が世界配給した輸入盤。 ウッズのプレイも勿論素晴らしいが、ブライアン・リンチのノリノリのアドリブが聴きもの。 一体感ある上質のバップが展開された一枚です。

★Nora York / To Dream The World   2,850円(内税)

ノラ・ヨーク初のソロ・アルバム。 当時「アーバン・コンテンポラリー・ジャズ・シーン」で注目されたノラ・ヨークが織りなすスウィート&アーバンなヴォーカル作品。 スタイリッシュさを売りにした作品だったが、今聴きなおすと思いのほか、正統派のジャズヴォーカル作品です。 リッチー・バイラークは2、6、10−12、14曲目に参加。

★Billy Pierce / Epistrophy   2,850円(内税)

もともとはパドルホイールからリリース、1995年にEvidence から輸入盤で世界にディストリビュートされた。 ビリー・ピアースが1993年カルテットでモンクとソニー・ロリンズのナンバーを録音した作品。 ドナルド・ブラウン、クリスチャン・マクブライド、ビリー・ドラモンドという素晴らしいメンバー。 ピアースも肩の力が抜けた伸び伸びとしたプレイを展開。

★Joe Chambers / The Colossal Saxophone Sessions(2CD) 3,600円(内税)

ジョー・チェンバースがディレクションした2枚組セッション盤。 パドルホイールか等1993年にリリースされ、その後Evidence から世界配給された。 各曲のクレジット良く見ていただきたい! 今では、企画自体が予算的に通らないであろう凄いメンバー、珍しい組み合わせで録音された作品です。

★Cyrus Chestnut Trio / Another Direction   2,850円(内税)

アルファジャズから1996年にリリースされたものを、Evidence が輸入盤で世界にディストリビュートしたもの。 サイラスは当時台頭したきらばかりであったが、すでに完成されたプレイを展開しています。 アルファ盤はもちろん、この盤も入手困難になっているでピアノトリオ・ファンは是非この機会にゲットしてください!

★Pharoah Sanders / Welcome To Love   2,850円(内税)

アルファジャズからリリースされたものを、輸入盤でEvidenceが世界配給したもの。 コルトレーンの後継者のひとりと評され苦悩し続けたサンダースが巨人の偉業の呪縛からやっと解放されたかのような伸びやかなプレイを展開し感動的なバラード盤。 コルトレーン自身もいつの日にかこんな心境で吹きたいと願っていたのでは? と想いながらしみじみ聴いた。

★Freddie Hubbard / Blues For Miles   2,850円(内税)

1992年に日本でアルファジャズに録音した日本企画のマイルス・トリビュート作。 といっても、タイトル曲がフレディによるオリジナルであるほかは、特にマイルスがらみというわけでもない。フレディーがワン・ホーン編成で、全編ミュート・プレイに徹しているところが珍しい。

★Great Jazz Trio / Flowers For Lady Day   2,850円(内税)

アルファジャズから1992年にリリース、その後Evidence から世界にディストリビュートされた。 ハンク・ジョーンズ、ジョージ・ムラーツ、ロイ・へインズからなるGJTの第1作。 入手困難盤になっているので、ピアノトリオファンはこの機会に是非!

★Benny Golson / I Remember Miles   2,850円(内税)

アルファジャズから1992年リリース、96年になってEvidence から輸入盤でリリース! ベニー・ゴルソン1992年のマイルス・トリビュート作。 どちらも廃盤、入手困難な一枚です。 エディ・ヘンダーソンの感情豊かな掛け合いが相性抜群です。 全8曲。

★Elmo Hope Trio / The Final Sessions(2CD)  3,600円(内税)

LPは、SPECIALTY原盤。 エルモ・ホープ、最後のレコーディングを収録。 彼の濃厚な音色、光輝く躍動的なピアノが聴きどころ。 DISC 1ではスタンダードとエルモ・ホープのオリジナルを織り交ぜた内容。DISC 2では全曲エルモ・ホープのオリジナルを収録。

★Cyrus Chestnut Trio / Nut(2CD) 3,600円(内税)

1992年1月にNYのサウンド・アンド・サウンド・スタジオで一日で収録されたサイラス・チェスナット・トリオのライブ感覚のスタジオ録音盤。 昇り竜のように、当時勢いのあったサイラスだけに、充実のプレイが展開されています。 入手困難盤のため、ピアノトリオはこの機会に是非!

★Carl Allen & Manhattan Projects / Echoes Of Our Heroes 2,850円(内税)

カール・アレンをリーダーに据えて、当時売り出し中のミュージシャンを集結したグループ、マンハッタン・プロジェクトによるファーストアルバム。 アルファジャズから1993年にリリースされ、1996年にEvidenceから輸入盤で世界にディストリビュートされた。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら