おすすめ商品
売れ筋商品

新トリオ始動 Joachim Kühn New Trio / Beauty & Truth

販売価格 2,350円(内税)
購入数

ACT MUSIC ACT9816-2
だいぶ前に一度、ご紹介いたしましたが、漸く正式インフォが来ましたので再度プッシュいたします。
個性的な国際トリオを率いてきたドイツの重鎮が、若手才人を得て遂に始動させたクラシック・ピアノ・トリオ
長年のファンにとってキューンのピアノ・トリオと言えば、80〜90年代に「ヨーロッパ最強」と評されたジャン=フランソワ・ジェニー=クラーク+ダニエル・ユメールを思い出すはず。
奇しくも2015 年に発売された生誕70年記念作『Bi rthday Edition』は、同トリオの未発表音源が収録されて、大きなプレゼントになったのは記憶に新しいところです。
98年のジェニー=クラーク他界によって封印していた編成を、いよいよ再会させたのですから、これはキューンのキャリアにおける一つの“事件”です。
12曲中8曲をカヴァーが占めていて、それらが要注目。
タイトル・ナンバーのM-1“ビューティ・アンド・トゥルース”はキューンが96〜2000年に共演し、デュオ作『カラーズ』を残したオーネット・コールマンの楽曲で、2015年に逝去した偉人へのオマージュが滲むピアノ独奏です。
ポーランド・ジャズ史上最大の重要人物であるクシシュトフ・コメダの名作『Astigmatic』(65年)の録音場所にキューンが立ち会ったことに由来する、同作収録曲のM-11“カットーナ”では、テンポの変化をつけた力強いピアノ演奏に魅了されます。
M-1“2ブルース・フォー・パブロ”はギル・エヴァンスがマイルス・デイヴィス『マイルス・アヘッド』に提供した名曲。
“ニュー・トリオ”のクレジットに相応しい新鮮さに溢れています。
ファンにはお馴染みのマシンガン奏法を織り込みながらも、これまでに率いたどのトリオとも異なる現代的なサウンドが印象的。
キューン自身が“ニュー・ドリーム・チーム”と呼ぶ新生トリオの、今後の発展も期待させてくれるデビュー作です。(新譜インフォより)

Joachim Kühn (p)
Chris Jennings (b)
Eric Schaefer (ds)

1 Beauty And Truth ( Cloeman, Ornette)
2 The End ( The Doors)
3 Because Of Mouloud ( Kühn, Joachim)
4 Sleep On It ( Stand High Patrol)
5 Intim ( Kühn, Joachim)
6 Transmitting ( Kühn, Joachim)
7 Summertime ( Gershwin, George)
8 Riders On The Storm ( The Doors)
9 Machineria ( Kühn, Joachim)
10 Sleep Safe And Warm ( Komeda, Krzysztof )
11 Kattorna ( Komeda, Krzysztof)
12 Blues For Pablo ( Evans, Gil)
Recorded by Adrian von Ripka at Bauer Studios, Ludwigsburg, July 7 & 8, 2015
試聴もここで可能です!
Joachim Kühn New Trio の試聴

3月上旬入荷予定 ご予約承り中です。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら