おすすめ商品
売れ筋商品

現代ブラジリアン・ジャズ Louise Woolley / RESSONANCIAS

販売価格 2,150円(内税)
購入数

自主制作 NGCD001603
現代ブラジルを代表する女流ジャズ・ピアニスト、ルイス・ヴーレイの2016年作!!
サンパウロうまれ、現在もサンパウロを拠点に活動する現在30歳の女性ピアニスト/コンポーザー、ルイス・ヴーレイ。
コントラバス奏者の父を持ち、音楽に囲まれて育ったのだという。
父と一緒に18歳のころよりサンパウロのナイト・クラブで演奏を始めるなど、若くしてプロフェッショナルとしてのキャリアをスタートさせると、2013年にはサンパウロの助成を得て1stアルバムを作成。
2014年には「Prêmio Funarte da música brasileira」を獲得するなど、高い評価を獲得し、サンパウロのジャズ・シーンにおいて確固たる地位を築いていった。

そんなルイス・ヴーレイが2016年にレコーディングしたセカンド・アルバムがこの『RESSONANCIAS』である。
もともとサンバ・ジャズ系のピアニストとしては高い評価を獲得していたルイスだが、新作では作曲家としての魅力を更に開花させている。
ジョアン・パウロ・バルボザとのデュオ#1、リヴィア・ネストロフスキの器楽的なヴォイスをフィーチャアした#2に始まり、キンテートでの密なアンサンブルを聴かせる中盤、ジュリア・ヴーレイの可愛らしいヴォイスをフィーチャアした#6...。
先日のエルメート来日公演でも一際切れ味の鋭いサックスを披露したジョタ・ペことジョアン・パウロ・ベルボザ、いまやサンパウロ・ジャズ・シーンの若手NO.1ともいえるベーシスト、ブルーノ・ミゴット、現代的なドラミングでブラジリアン・ジャズに新たな響きをもたらすドラマー、ダニエル・ヂ・パウラほか、現在のサンパウロ・ジャズを代表するメンバーによる熱いセッションも聴き所。
とりわけ美しいテーマ部が印象的なラスト・トラックで聴かせるメンバーそれぞれの個性を存分に発揮したセッションは、ブラジリアン・ジャズの新たなフェーズが幕開けたことを高らかに宣言するような感動がある。

ブラジリアン・ジャズ・ファンはもちろん、現代ジャズのファンにも是非聴いてもらいたい2017年最注目の作品である。(新譜インフォより)

Louise Woolley- piano e composições
Bruno Migotto- contrabaixo
Daniel de Paula- bateria
João Paulo Barbosa- sax e flauta
Paulo Malheiros- trombone

Participações especiais:
Diego Garbin- flugelhorn
Julia Woolley- voz
Livia Nestrovski- voz

1. A Caminho (Duo)
2. Pra Livia
3. Receba
4. O Apego
5. O Desapego
6. Volta Bem
7. Pro Michel
8. Manha de Saudade
9. A Caminho
2016年作品
2009年作品
試聴もここで可能です!
Louise Woolley の試聴

3月下旬入荷予定 ご予約承り中です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら