おすすめ商品
売れ筋商品

★THE HIROSHI TRIO + 広瀬 未来 / Three in one + one

販売価格 2,500円(内税)
購入数

ステップスアールイー HIRO2018
関西を中心に国内外のミュージシャンとの共演も多い田中ヒロシをリーダーとする THE HIROSHI TRIO のファーストアルバム。
ライブを重ねてきたレギュラーバンドならではのアレンジと一体感に、関西を代表するトランペッター広瀬未来が参加。
新進気鋭のピアニスト志水 愛+ベーシスト光岡尚紀の上で田中ヒロシのドラムはしなやかに、小気味よいシンバルレガートでバンドをグルーブさせる。
曲はリーダー田中ヒロシの集大成として厳選した、サド・ジョーンズ、オスカー・ピーターソン、レイ・ブラウン、ビートルズ等の9曲。
メンバーがそれぞれの曲のアレンジを担う事でそれぞれの曲の美味しさを際立たせ、シャープ且つ歌心あふれたソロと共に音楽の喜びと楽しさが満載の愛情あふれるアルバムに仕上がっている。

田中 ヒロシ (ds)
志水 愛 (p)
光岡 尚紀 (b)
広瀬 未来 (tp)

1 Three in One /Arr. by 光岡尚紀
2 Day by Day /Arr. by 志水愛
3 Harlem Nocturne /Arr. by 田中ヒロシ
4 When Summer Comes /Arr. by 光岡尚紀
5 Juicy Lucy /Arr. by 田中ヒロシ
6 And I Love Her /Arr. by 志水愛
7 Meet the Flintstones /Arr. by 光岡尚紀
8 F.S.R. /Arr. by 光岡尚紀
9 People /Arr. by 広瀬未来
2018年作品

7月25日発売予定 ご予約承り中です。

★プロフィール★

■田中 ヒロシ■ Drums
兵庫県宝塚市生まれ、尼崎市育ち。
17歳でピアニストの父(田中正二)のトリオでプロデビュー。 以後関西を中心に全国のジャズフェスティバル、ライブハウス、ラジオ、TV、レコーディング等で活動。 1991年大阪ブルーノートにてジャズ界の巨匠、アート・ブレーキー急病の為、急遽代役で一週間のステージを務める。 国内外のミュージシャンとのセッションも多い。安定したドラミングと絶妙なグルーブ感には定評があり、関西を拠点としながら日本全国で活躍している。

■志水 愛■ Piano
幼少よりクラシックピアノを学ぶ。自由にクラシックを弾く姿に、当時の先生から勧められたのをきっかけにジャズに転向。池田裕志氏に師事。オスカーピーターソンに影響を受ける。大阪音楽大学短期学部ジャズコースへ進み畑本浩氏、石井彰氏に師事。在学中から関西を中心に演奏活動を開始。卒業後、多くのミュージシャンのグループに参加。ベテランミュージシャンからの信頼も厚く、関西を代表する若手ピアニストとして活躍の場を広げている。現在は、志水愛カルテット、田中ヒロシTRIO、MASAX274、など若手からベテランまで様々なグループに参加。また『ハードバップ研究会』では会長を務め、ハードバップへの理解を深めるとともにその普及にも努めている。2017年8月、NYよりドラマーの田井中福司氏をゲストに迎えライブレコーディングを敢行、2018年2月に自身初のリーダーアルバムとして「Decade」発表。

■光岡 尚紀■ Bass
大阪府出身。14歳よりエレキベースをはじめる。その数年後、本格的に音楽の勉強とウッドベースを始める。藤岡靖博、魚谷のぶまさの両氏に師事。関西を本拠地に国内外のミュージシャンと数々のセッションを重ね多数のライブやレコーディングに参加。演奏活動はJAZZだけでなく、ブライダルやホテルでの演奏、またJ-POPやClassicなど幅広いジャンルで展開。Jazz以外でもエレキベースでPOPSのBandでもサポートとして活動中。関西一円のジャズクラブを中心に活動中。

■広瀬 未来■ Trumpet
1984年生まれ。甲南中学入学と同時にトランペットを始める。トランペットを嶋本高之氏に師事。在学時には「Jazz For Kids」において渡辺貞夫と共演。高校卒業後は関西のライブハウスを中心に自己のグループやベーシスト宮本直介のバンド「Naosuke’s Hip Bop」などで活動する。2002年、中山正治ジャズ大賞、なにわ芸術祭新人奨励賞を受賞。2003年10月New Yorkに渡る。フリーランストランぺッターとして活動。ジャズを始めサルサ、ヒップホップ、ファンク、様々なジャンルのフィールドで活動し、全米、ヨーロッパのライブハウス、ジャズフェスティバルなどに出演する。2010年、自身初のリーダーアルバム、「A Day inNew York」をリリース。2013年、セカンドアルバム、「SCRATCH」をリリース。自身のレギュラーで、ラテンジャズという自身の新境地を開拓。9月にはニューヨークの新進トランぺッターをフィーチャーするフェスティバル「FONT」に自己のクインテットで出演。2014年からは日本に拠点を移し、自身のクインテット「Miki Hirose Quintet」、自身のビッグバンド「Miki Hirose Jazz Orchestra」を結成。2015年、神戸での活動が評価され神戸市文化奨励賞を受賞。2017年にはなにわジャズ大賞、なにわ芸術祭新人賞を受賞。大阪音楽大学、甲陽音楽学院で教鞭も執り後進の育成にも務めている。自身がパーソナリティを担当するラジオ番組「KOBE JAZZ-PHONIC RADIO」からCD「KOBE JAZZ-PHONIC RADIO」をリリース。同じパーソナリティである、たなかりか、高橋知道をフューチャーしたこのアルバムは各方面から好評を得ている。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら