おすすめ商品
売れ筋商品

未発表貴重音源CD キャノンボール・アダレイ / スウィンギン・イン・シアトル 1966-1967

販売価格 2,700円(内税)
購入数

Reel to Real→KING INTERNATIONAL KKJ1032 日本語帯、解説付
Resonance のゼヴ・フェルドマンとCellar Liveコリー・ウィーズが共同制作
歴史的未発表音源発掘レーベルReel to Real始動!

<< 注目レーベル登場>>
* 今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる共同制作!
* ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!


弟のナット、ジョー・ザヴィヌル、ヴィクター・ガスキン、ロイ・マッカーディを従えたキャノンボール・アダレイ・クインテットが1966 年6 月と1967 年10 月にシアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行ったライヴ・パフォーマンスを収めたアルバム。
演奏はすべて未発表で、66年のほうは、6月3日にアムステルダムでライヴ・レコーディングを行った後に帰米しての演奏。
この年の8月には同じメンバーで2 度目の来日を果たしましたが、その模様はCapitol からリリースされた『Cannonball In Japan』というアルバムで聴くことができます。
また、67年のパフォーマンスは、6〜7月録音のCapitol盤『74 Miles Away』の2ヶ月半ほど後のもので、68年6月録音のCapitol 盤『Accent On Africa』との間ということになります。
演奏されているのは、60年頃によく取り上げていたジミー・ヒースのオリジナル「Big “P”」、『74 Miles Away』のタイトル曲やそのアルバムに収録されているスタンダード曲「The Girl Next Door」、『Cannonball In Japan』や名盤『Mercy,Mercy, Mercy』で聴くことのできる「The Sticks」と「Hippodelphia」、『Great Love Themes』に収められている「Morning Of The Carnival」と「Somewhere」、そしてチャーリー・パーカー作のブルース「Back Home Blues」。
そのうち、キャノンボールによる「Back Home Blues」の演奏はこれまで聴くことができませんでした。
66年の演奏も67年の演奏も、66年夏の来日公演を思い出させるホットでグルーヴィなものばかり。
特にロイ・マッカーディのシャープなドラミングが光っています。(新譜インフォより)

Julian 'Cannonball' Adderley (as)
Nat Adderley (cor)
Joe Zawinul (p)
Victor Gaskin (b)
Roy McCurdy (ds)

1. Jim Wilke Introduction (0:13)
2. Big “P” (9:13)
3. Spoken Introduction (0:16)
4. The Girl Next Door (11:10)
5. Spoken Introduction (0:48)
6. Sticks (4:39)
7. Spoken Introduction (0:12)
8. The Morning Of The Carnival(Manhã De Carnaval) (10:56)
9. Spoken Introduction (0:34)
10. Somewhere (5:04)
11. Jim Wilke Introduction (0:16)
12. 74 Miles Away (10:38)
13. Spoken Outro (0:31)
14. Back Home Blues (6:46)
15. Hippodelphia (10:44)
16. Set-Closing Outro (0:57)
Recorded live at the Penthouse Jazz Club in Seattle, WA on June 15 & 22, 1966 and October 6 & 13, 1967

12月14日入荷予定 ご予約承り中です。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら