おすすめ商品
売れ筋商品

王道ピアノトリオ Alan Broadbent Trio / New York Notes

販売価格 2,250円(内税)
購入数

Savant SCD2166
1947年生まれ、ニュージーランド、オークランド出身のアラン・ブロードベントの最新ピアノ・トリオ・アルバムがSavant レーベルから登場。
本作はアラン・ブロードベントの自宅にあるプライベートスタジオで2018年に録音された音源。
ボストンのバークリー音楽大学時代からの友人であるベーシストのハービー・S と、LA 時代にプレイをしていたドラマーのビリー・ミンツと気心の知れあった同年代の三人が円熟した息のあった演奏を展開している。
収録曲はブロードベントのオリジナル3曲を含む全9曲。
オープニングにふさわしい軽快な4 ビート“Clifford Notes”は文字通りクリフォード・ブラウンに捧げたオリジナル。
続く2 曲目のジジ・グライスの“Minority”はブロードベントが影響を受けたビル・エヴァンスのアルバム「Everybody Digs Bill Evans」のオープニングに収録されている曲。
他にも珠玉のバラード曲“ I Fall in Love Too Easily”や“On a Misty Night”等、まさにブロードベント節が満載である。
「息の合った三人のテレパシーに近いコミュニケーションがこのセッション全体にわたり幅広い感情や、優美さ、素朴さ、ソウルフルさ、そしてちょっとしたブルースフィリーングのヒントを与えたりと、自然の成り行きで録音されたご機嫌なアルバムに仕上がった。」と語るブロードベント。
レコーディング・エンジニアもハービー・S が務め、まさにブロードベントの音を知り尽くしたサウンドに仕上がっている。
オーソドックスなプレイスタイルを好むピアノ・トリオ・ファンに特にお勧めしたい作品です。(新譜インフォより)

Alan Broadbent (p)
Harvie S (b)
Billy Mintz (ds)

1. Clifford Notes
2. Minority
3. I Fall in Love Too Easily
4. Continuity
5. Crazeology
6. On a Misty Night
7. Waltz Prelude
8. 317 East 32nd Street
9. Fine and Dandy
Recorded at RVS Studio in April and November 2018
試聴もここで可能です!
Alan Broadbent Trio の試聴

お取り寄せ

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら