おすすめ商品
売れ筋商品

ハープ共演 Edmar Castaneda & Gregoire Maret / Harp vs. Harp

販売価格 2,350円(内税)
購入数

ACT MUSIC ACT9044
コロンビア出身のハープ奏者、エドマール・カスタネーダと、スイス出身のハーモニカ奏者、グレゴア・マレとによる、
ハープとハープの共演!
曲によりバンジョーや歌・語りが入る。
なおバンジョーのベラ・フレックは、80年代ベラ・フレック&フレックトーンズで、バンジョーをクロスオーヴァーに持ち込んだパイオニアである。
エドマール・カスタネーダはパキート・デリベラ、ウィントン・マルサリス、マーカス・ミラーなどの大御所からも支持され、セカンド・アルバム『エントレ・クエルダス』ではジョン・スコフィールドを迎え話題に。
特に日本では、上原ひろみとのデュオでも知られる。
グレゴア・マレはパット・メセニー・グループへの参加で一躍有名になり、マーカス・ミラーやハービー・ハンコックのバンドにも参加。
リーダー作『Wanted』ではダイアン・リーブス、ルシアーナ・ソウザ、イヴァン・リンスなど豪華ゲストをフィーチャーし話題となった。
2人はモンテカルロ・ジャズフェスティバルで、どちらもマーカス・ミラー率いるプロジェクトのゲストとして招待され、知り合ったという。
それからいくつかのデュオ公演を行い、またカスタネーダのアルバム『ライヴ・アット・ザ・ジャズ・スタンダード』でレコーディングもしている。
カスタネーダは駆け出しの頃にレストランなどでソロ・パフォーマンスをする機会が多く、その経験が、一人でメロディ、ハーモニー、ベースラインやリズムを同時に出す独特のスタイルを創り上げたという。そして、ジャンル・レスで多くのミュージシャンと様々な音楽で共演してきたマレのハーモニカが加わる。
ジャズの中では特殊な楽器ともいえるハープとハープ(ハーモニカ)のデュオであるが、ここには物
足りなさなど微塵もない、正真正銘のジャズが展開されている。
1曲目はマレのオリジナルで、一人何役もこなすカスタネーダに、歌のように表現豊かなマレが乗る。
ときにはハーモニーとメロディを交代しながら即興でアンサンブルする息のあったプレイで、オープニングから既に2人の真価が発揮されている。
2曲目はカスタネーダのオリジナルで、Andrea Ti erra の語りが加わる幻想的なバラード。
バンジョーが加わり盛り上がる3,6 曲目では更に自由になり、デュオとは違ったプレイが聴ける。
ラストの“黒いオルフェ”での2 人のリラックスした演奏も聴きもの。
同じ名前で全く違う、ジャズではまだまだ珍しい2 つのハープによる正真正銘のジャズ作品!(新譜インフォより)

Edmar Castaneda (Llanera harp)
Grégoire Maret (chromatic harmonica & chord harmonica)

Guests:
Béla Fleck (banjo)
Andrea Tierra (vo)

1. Blueserinho (Grégoire Maret)
2. Acts (Edmar Castaneda / Andrea Tierra)
3. No Fear (Edmar Castaneda)
4. Hope (Grégoire Maret)
5. Romance de Barrio (Anibal Troilo / Homero Manzi)
6. Santa Morena (Jacob do Bandolim)
7. Our Spanish Love Song (Charlie Haden)
8. Manhã de Carnaval (Luiz Bonfá)
Recorded by Andy Taub in September 2018 at Brooklyn Recording Studios, New York
試聴もここで可能です!
Edmar Castaneda & Gregoire Maret の試聴

6月下旬入荷予定 ご予約承り中です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら