おすすめ商品
売れ筋商品

★David Berkman Sextet / Six Of One

販売価格 2,250円(内税)
購入数

Palmetto Records PM2194
NY拠点、Smalls やSmoke といったクラブを中心に活動。クリス・ポッターやトム・ハレルなどの現代ジャズシーンの第一線で活躍するミュージシャンとの共演をはじめ、ソニー・スティットとの共演歴もあるというベテラン・ピアニスト、デイヴィッド・バークマンのセクステット作が登場!
前作『Old Friends and New Friends』とフロント楽器のメンバーは同じで、日本でも人気の高いテナーサックス奏者ダイナ・ステファンス、作編曲にも定評のあるマルチリード奏者アダム・コルカー、ポール・モチアンのバンドにも参加したベテラン・サックス奏者ビリー・ドリューズ。
ベースはNY 拠点に幅広く活動し、サイドマンとしてECM でのレコーディング経験もあるクリス・ライトキャップ、ドラムはSmalls などで活躍し、デビュー作『Enter To Exit』(2015) ではマイロン・ウォルデンやシャイ・マエストロなどの参加で話題となったケネス・ソルターズである。
曲によりティム・アーマコストとRogerio Boccato がゲスト参加。
楽曲はこのセクステットの為にこの5年間で書いたオリジナル(3曲目のみ過去にレコーディングあり)。緻密なコンポジションで、王道ジャズを匂わせながらもひと癖もふた癖もあるユニークな内容。
ゴージャズなサックスのハーモニーから始まるオープニングで、ピアノソロに続くティム・アーマコストとダイナ・ステファンスの対比が面白い1曲目。
7拍子ファンク・ビートの2曲目でステファンスはEWIを使用。
8曲目“Shitamachi (Downtown in Japanese)”は日本の文化に興味をもつバークマンならではのもの。
4曲目でのビリー・ドリューズの個性的なソロや、10曲中でもっともストレート・アヘッドな6曲目でのアダム・コルカーなど、各ソロもハイレベルで聴き応えあり。
またパッケージには親切にも各曲のソリストの名前と順番が記載されている。
デイヴィッド・バークマンの巧妙な作曲/ アレンジと名人達のソロが堪能できる作品。(新譜インフォより)

Dayna Stephens (ts, EWI)
Adam Kolker (ss, bcl)
Billy Drewes (as, cl)
David Berkman (p)
Chris Lightcap (b)
Kenneth Salters (ds)

guests:
Rogerio Boccato (per M2)
Tim Armacost (ts M1,M5,M7)

1. Blowing Smoke
2. Cynical Episode
3. Blue Poles
4. Billy
5. Sincerely
6. Three and a Half Minutes
7. Kickstopper
8. Shitamachi
9. Restoration
10. Rain Rain
2019年作品
試聴もここで可能です!
David Berkman Sextet の試聴

7月上旬入荷予定 ご予約承り中です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら