おすすめ商品
売れ筋商品

幻級の発掘盤 Dusko Goykovich / Sketches of Yugoslavia

販売価格 2,376円(内税)
購入数

enja →SOLID CDSOL6841
御予約分は全てお取り置き済みです。
御注文分の揃ったお客様には順次入荷案内のご連絡をいたします。
暫くお待ちくださいませ。

タイトルからも想像できるように本作はNDRビッグバンドを従えダスコがフィーチャード・ソロイストとして泣きのトランペットを吹きまくる作品。
2回分のセッションを収録したスタジオ作品で、キーメンバーとして参加するのはオーストリア出身のグルーヴィなピアニスト、フリッツ・パウアー。
アレンジは映画音楽家として名高いハンス・ハマーシュミットで、ダスコのペンによる哀愁のバルカン賛歌を繊細に、ゴージャスに仕上げている。
1973~4年のダスコといえば、長年活動の拠点としていたケニー・クラーク〜フランシー・ボラーン・ビッグバンドと距離を置きソロ活動にまい進していた時期でもあり、40代に入りミュージシャンとして、トランペット奏者として最も充実していた時期だ。
そのダスコが憂いのあるトーンで切々とバルカンのメロディを吹きオーケストラが盛り上げるのだからファンならずとも必聴だ。
これまで40年以上もオクラ入りしていた幻級の発掘盤、是非ともお聴きいただきたい作品です!

ダスコ・ゴイコヴィッチ(tp,flh)& NDR オーケストラ
M1~6 : フリッツ・パウアー(p)ピーター・トランク(b)トニー・インザラコ(ds)
M7,8 : フリッツ・パウアー(p)ボ・スティーフ(b)ロニー・ステファンソン(ds)

1.バルカン・ダンス
2.ボスナ・コーリング
3.ヘイズ・オン・ザ・ダヌベ
4.スマディア
5.マケドニア
6.イースト・オブ・モンテネグロ
7.パノニア
8.フィナーレ
1973年1974年録音

在庫有

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら