おすすめ商品
売れ筋商品

新進気鋭 待望のデビュー作 中山 拓海 Quartet / たくみの悪巧み

販売価格 2,800円(内税)
購入数

KING INTERNTIONAL KKJ9001
今最も勢いのある気鋭の若手アルト& ソプラノ・サックス奏者、中山拓海による記念すべきデビュー・アルバムが登場!
『たくみの悪巧み』は、中山拓海リーダーのプロジェクト名である。
プロフィールに記載のバクージャズフェスティバルにはこのプロジェクトで出演した。
メンバーは、ピアノ、高橋佑成(石井彰氏にジャズピアノを師事。2019 年4 月より日野皓正のバンドに加入。Blue Note 東京にてジョン・スコフィールドと共演。)、ベース、勝矢匠(ジャズのみならずジャンル・レスで活動。Nao Kawamura Band の一員としてフジロック、サマーソニック、朝霧Jam に出演。作編曲家としても活動中。)、ドラム、山田玲(大西順子トリオ、菊地成孔dCprG、渡辺香津美トリオ等に参加。ウィル・リー、ランディ・ブレッカー・マイク・スターン等と共演。)と、若き才能
が揃っている。
このプロジェクトのコンセプトは、オリジナル楽曲のみでコアなジャズファンもそうでない方も楽しめるサウンドを創ること。
「自分のメロディとメンバーの個性とが、最大限に活かされるポイントで世界に一つだけの音楽を瞬間的に紡いでいく。」(ライナーノーツより抜粋)という中山の言葉通り、力強いメロディを軸に個性豊かなメンバーが呼応し変幻自在に展開していくインタープレイが聴きどころのひとつ。
メンバー全員がいたずらを仕掛けるように“悪巧み”をし、それを全力で楽しんでいるようにも感じられる自由奔放なサウンドだ。
楽曲もそれぞれ特徴的でユニークなアイディアに溢れている。
この若さでこの曲を作り、作品のラストに持ってくる感性は、ちょっと末恐ろしい。
盛り沢山な内容だがブレることのない太い軸を感じるのは、ひとつは中山の力強いメロディ・センス、もうひとつは同メンバーでバンドとして活動し、何度もライヴを重ねてきた一体感から来るものだろう。
今後更なる飛躍をすること間違いなし!大注目の若手サックス奏者、中山拓海のデビュー・アルバム!

中山拓海 (as, ss)
高橋佑成 (p)
勝矢匠 (elb)
山田玲 (ds)

1. High Humidity
2. The Asteroid
3. Cross Road 〜他愛もない歌〜
4. Suite
5. Suite
6. Suite
7. Suite
8. Cinquenta E Nove
9. Born, Live and Die
All compositions by Takumi Nakayama
2019年作品
試聴もここで可能です!
中山 拓海 Quartetの参考試聴

12月4日発売予定 ご予約承り中です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら