おすすめ商品
売れ筋商品

NYピアノトリオ Lafayette Harris Jr. Trio / You Can’t Lose with the Blues

販売価格 2,300円(内税)
購入数

Savant Records SCD2178
ベテラン・ピアニスト、ラファイエット・ハリスJr の最新作、ピーター・ワシントン(b)、ルイス・ナッシュ(ds) が参加したオーソドックスなピアノ・トリオ作品。
1963年生まれ、フィラデルフィア出身,ボルティモアで育ち, 現在はNY ブルックリン在住。
彼のソウルフルな演奏スタイルは幼少時代に教会音楽からスタートし、リズム& ブルースバンドやファンクバンドに所属したことによるもの。
作曲家、プロデューサー、 アレンジャーでもあるラファイエットはケニー・バロンやバリー・ハリス, そしてブギウギの王様として知られるサミー・プライスらに師事している。
マックス・ローチが亡くなるまで彼のバンドでレギュラーピアニストを務め、多くのジャズメン達と交流した。
ここ数年はサックス奏者のヒューストン・パーソン・カルテットのレギュラーメンバーとして活躍している。
本作はヒューストン・パーソンがプロデュースを務め、昨年(2018年)の5 月、ニュージャージー、イングルウッドクリフスのルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオで収録された。
収録曲は全12曲、3曲がラファイエットのオリジナル曲。
“You Can't Lose With The Blues”は2014 年に発売され、自身も参加しているヒューストン・パーソンのリーダー作「The Melody Lingers On」のエンディング曲に収録されているラファイエットの作品のブルースナンバー。
他にもスタンダード曲を中心に全曲でブルースフィーリングが満載のラファイエットのプレイを聴くことができる。
“Please Send Me Someone to Love”のピアノソロ演奏もソウルフルである。
長い間トミー・フラナガンのレギュラートリオで活躍していたピーター・ワシントンとルイス・ナッシュのサポートも光る。
長い間ルディ・ヴァン・ゲルダーのアシスタント・エンジニアを努めていたモーリン・シックラーの優秀録音にも注目である。
オーソドックスなピアノ・トリオ・ファンにお勧めの一枚です。(新譜インフォより)

Lafayette Harris Jr. (p)
Peter Washington (b, except track 11)
Lewis Nash (ds, except tracks 5 & 11)

1. He’s My Guy
2.I Love You Yes I Do
3.Blues for Barry Harris
4.Don’t Let the Sun Catch You Crying
5.Ev’ry Time We Say Goodbye
6.Things Ain’t What They Used to Be
7.Love Me in a Special Way
8.Bloomdido
9.You Can’t Lose with the Blues
10.Wonder Why
11.Please Send Me Someone to Love
12.The Juicy Blues 5
Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ on May 3, 2018
試聴もここで可能です!
Lafayette Harris Jr. Trioの試聴


12月中旬入荷予定 ご予約承り中です。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら