おすすめ商品
売れ筋商品

今春の超話題ピアノオトリオ盤 Georges Paczynski Trio / Le But, C'est Le Chemin

販売価格 2,350円(内税)
購入数

Georges Paczynski Trio 取り扱いカタログはこちらです!

日本盤仕様で発売 ライナーノート付
KKJ112 ジョルジュ・ パッチンスキー・トリオ / ル・ビュ, セ・ル・シュマン 2,700円 日本語帯、解説付き も発売されます。
こちらをご要望の方は、お申し付けくださいませ。

Arts & Spectacles ASCD140901
御予約分は全てお取り置き済みです。
御注文分の揃ったお客様には順次入荷案内のご連絡をいたします。
暫くお待ちくださいませ。

待望、ジョルジュ・ パッチンスキーの新作が届きました!
90年代の『8 Years Old』でヨーロッパ・ジャズ・ファンの心を掴みながら久しく作品リリースもなかった パッチンスキーでしたが、2007 年Arts & Spectaclesで『Generations』を発表。この作品がジャズ批評
誌ジャズ・オーディオ・ディスク大賞金賞を受賞し、伝説的なアーティストから俄然、知名度アップ。
本作で、同レーベルから4作目のリリースとなりました。
今回もファンの期待にこたえるピアノ・トリオ編成!
そして、毎回共演メンバーは変わりつつも、決定的に貫かれるのは パッチンスキーの美学といえましょう。
特に本作は、 パッチンスキーが、<< ある冬の夜に見た夢>> を描くという展開。
そこには新プラトン主義の創始者であるプロティヌスの書なども登場するなど、哲学的なものも多分にあり、神話的な謎めいた物語であった、と パッチンスキー自身のライナーによって明かされますが、明暗、緩急のコントラストも鮮やかに、美的感性豊かに音楽で描き上げるセンスには、改めて音楽家としての思慮深さを感じます。
スウィンギーなナンバーと、時には対極にあるアブストラクトなものも交えつつ、作品全体として、ヨーロッパの印象派の絵画を連想させるような美的世界を展開するところにはコンポーザーとしての才能を、また曲の世
界観を描き上げていくところには、ドラマーとしての特異な才能を見せてくれます。
もちろん、今回の録音も、前3作と同様、ヴァンサン・ブルレが担当し、音像の美しさは絶品。
早くもジャズ・オーディオのプロから絶賛の声が続々届いています。
特に、注目され続けてきたシンバルの響きにも高評価を得そうです。
再び話題となること必至の一作。
2015年春の話題盤です!(新譜インフォより)

ライナーノーツから抜粋
何度も何度も聴くうちに、パッチンスキーが意図するドラム美学、ピアノ・トリオ美学、ひいてはジャズオーディオ美学が見えて来る筈だ。
本アルバムは、彼のジャズオーディオ美学を最高度に具現化した傑作アルバムであることを信じてやまない。
今回のアルバムはオーディオ的にみても、文句のつけようがない。
イタリアに天才エンジニア、ステファノ・アメリオが居れば、フランスには名匠エンジニア、ヴァンサン・ブルレが居る。
本作の前面に出て来るシンバル音の超リアルなこと。
そのシンバルのデリケートかつ繊細な余韻を伴った響き、ミクロの粒立ちといってもよい耳触り、感触は、ブルレの真骨頂である。 後藤誠一

Georges Paczynski (ds, p)
Stéphane Tsapis (p)
Marc Buronfosse (b)

1 L’Allumeur de réverbères
2 L’Entrée du labyrinthe
3 Le Fervent des Ennéades
4 Le Dompteur d’écume
5 Le Joueur d’échecs
6 Le Sculpteur de rêves
7 Le Guetteur de foudre (
8 La Cible incandescente (5’37”)
9 The Line of most resistance (duo S. Tsapis piano / M. Buronfosse bass)
10 L’Aechet de Lady L.
11 Le Maître de tir à l’arc
12 La Corde de la lyre
13 La Procession silencieuse
14 Le But, c’est le chemin (piano solo G. Paczynski)
15 Le Voyageur sans bagage
2015年作品

再入荷待ち

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら