おすすめ商品
売れ筋商品

CD Wes Montgomery feat. Eddie Higgins Trio / One Night in Indy

販売価格 2,250円(内税)
購入数

Resonance Records HCD 2018
CDも遂に登場!
LPが先行して発売され、大好評を博しているだけに、待望のCD 登場です!
日本流通完全先行-アメリカ流通は16年1月中旬

日本盤 ライナーノーツ付き
ウエス・モンゴメリー フィーチャリング・ザ・エディ・ヒギンズ・トリオ / ワン・ナイト・イン・インディ(KKJ1011 2600円) も発売されます。
ご希望の方は、お問い合わせからお申し付けくださいませ。

数々の発掘音源をリリースするResonance が、またも、貴重な未発表音源をリリースします。
『エコーズ・オブ・インディアナ・アヴェニュー』に続き、一大アーカイヴ『イン・ザ・ビギニング』がリリースとなりましたが、本音源は59年1月の録音。
つまり、『イン・ザ・ビギニング』からデビューの合間を埋める録音で、リヴァーサイドとの契約を結ぶ直前の演奏になります。
しかも、ウエスと共に演奏するのは、日本でも大変に人気の高いピアニスト、エディ・ヒギンズ。
そのトリオをバックにしたギター・クァルテットでのもの!
音源テープの所有者は、カメラマンであり、インディアナポリスの郷土JAZZ史家であるダンカン・シート氏。
ダンカン・シート氏は『イン・ザ・ビギニング』のライナー・ノーツの執筆者の一人でもあり、キャノンボール・アダレイとの共演の模様を始め、ウエスをめぐる当時のインディアナポリスのシーンをヴィヴィッドに伝える貴重なドキュメントを寄稿していますが、2014年惜しくも逝去。
当時のジャズシーンを知る最後の人でもあったシート氏は、このテープを、Resonance のプロデューサー、ゼヴ・フェルドマンに託したとのことです。
遺志を継いだゼヴ・フェルドマンは、権利をクリアにすべく再び活躍。
ウエスの家族や仲間はもちろん、エディ・ヒギンズの妻であり、自身もシンガーであるメレディス・アンブロジオの賛同も得て、今回のリリースに相成ったとのことです。
スウィンギーなヒギンズの演奏も魅力的で、おなじみの曲の数々が披露された演奏には、デビュー直前のウエスの充実ぶりが弾けます。
歌うようなシングル・トーンのフレージングはもちろんのこと、この時期になると、オクターブ奏法も随所に多々登場。
とくに、ミディアム・テンポの4ビートのスウィングするリズムにのったは驚くほどに華麗なオクターブ奏法を見せ、感嘆の一言!
実際、リヴァーサイドのプロデューサーであったオリン・キープニュースが初めてウエスのライブに出かけ、完全にノックアウトされたのが同59年。
あまりに衝撃を受け、思わず妻に電話をかけて“現実世界に引き戻してもらった”というエピソードが『イン
・ザ・ビギニング』の同ライナー(英語版p10/日本語版p7-8)にありますが、その様子にも大いに頷ける演奏内容が正に、ここにある!といえます。
優美さも漂うスロー、ミディアムのバラード・ナンバー3トラック、スウィング・ナンバー3トラック。2つのアーカイブ『(エコーズ・オブ・インディアナ・アヴァニュー』『イン・ザ・ビギニング』) はもちろん貴重ですが、一枚のアルバムが、一日の演奏で構成されたという今回のようなシンプルなアルバム構成も魅力!
ジャケット写真は、インディアナポリスの夜景とのこと。
(新譜インフォより)

Wes Montgomery(g)
Eddie Higgins(p)
unknown bassist
Walter Perkins(ds)

1. Give Me The Simple Life
2. Prelude to A Kiss
3. Stompin at The Savoy
4. Lil Darlin’
5. Ruby My Dear
6. You’d Be So Nice To Come Home To
Recorded January 18, 1959 Live in Indianapolis, Indiana

お取り寄せ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら