おすすめ商品
売れ筋商品

現代屈指のピアノトリオ Aaron Goldberg Trio / At the Edge of the World

販売価格 2,250円(内税)
購入数

Sunnyside Records SSC1521
1974年生まれ、数々の演奏キャリアを重ね、今や、現代トップのピアニストの一人と言って過言のない、アーロン・ゴールドバーグ。実に4 年振りとなる最新トリオ作品。
本作はそんなアーロンが、メンターの一人であるレオン・パーカーと共に結実させた音楽の結晶。
商業主義や、企画的なものとは別次元の、シンプルに成り立った音楽のしなやかな強さがあります。
アーマッド・ジャマルの演奏によって有名な“ポインシアナ”をオープニングにして、伝統的なジャズのフォームに則りながら、輝きをもつトリオの演奏は正に白眉。
パーカーのユニークなヴォーカルやボディ・パーカッションも効果的に響かせ、プリミティヴなも
のを見せる瞬間もあり、ハッチャーソン/ マッコイ・タイナーといったアーティストをリスペクトしながら、スリリングなインプロを聴かせる演奏あり。
一方、チャーリー・ヘイデンの『ノクチューン』のオープニングでも蘇った“En La Orilla Del Mundo”は、深い情感が滲む感動的な演奏。
慈しみ深く奏でられるピアノ・ソロはアーロン・ゴールドバーグの才能も物語ってやみません。
一転、ブラジル音楽へも深い造詣をもつアーロンが、朋友ギジェルモ・クラインのアレンジで斬新に聴かせる“黒いオルフェ”ではプリパード・ピアノや、パーカーのヴォイスもフィーチャー。
また2つの異なるオリジナルも魅力的。
M2は、アンゴラの政治的な活動家であり、ラッパーであるLuaty Beiraoに捧げた崇高な美しさと芯の強さを感じさせるアーロンのコンテンポラリーな側面があり、ラストは、ズバリ、モダンな響きをもったブルース・・・このオリジナルの幅も興味深いところです。
それぞれの楽曲8曲が独自の響きをたたえつつ、作品として物語も紡いでいく作品。
長く共演を重ね、演奏を深めてきたトリオならではの表現。
現代を代表するピアニストのまぎれもないマイルストーン的作品の登場です!(新譜インフォより)

Aaron Goldberg (p)
Matt Penman (b)
Leon Parker (ds, vo, perc, embodirhythm)

1. Poinciana (Nat Simon, Buddy Bernier)
2. Luaty (Aaron Goldberg)
3. Isn't This My Sound Around Me (Bobby Hutcherson)
4. When You Are Near (Bobby Hutcherson)
5. Effendi (Mccoy Tyner)
6. En La Orilla Del Mundo (Martin Rojas)
7. Black Orpheus (Manha De Carnaval)
(Luiz Bonfá, Antonio Maria/arranged by Guillermo Klein)
8. Tokyo Dream (Aaron Goldberg)
2018年作品
試聴もここで可能です!
Aaron Goldberg Trioの試聴

11月21日入荷予定 ご予約承り中です。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら