おすすめ商品
売れ筋商品

至宝のデュオ作品 Mikkel Ploug & Mark Turner / Faroe

販売価格 2,250円(内税)
購入数

Sunnyside SSC1509
1978 年デンマーク出身のギタリスト、ミケル・プラウグと、言わずと知れたテナー・サックスの名手、マーク・ターナーとのデュオ作が登場!
二人は、Mikkel Ploug Group feat. Mark Turner という形で、10 年以上に渡り共演し続けており、共演作としてはプラウグの名義で、『feat. Mark Turner』(2006)、『Harmoniehof』(2008)をリリースしている。
プラウグはトリオ作も積極的にリリースし、ポスト・カート・ローゼンウィンケルとも評され、一目置かれる存在となっている。
また、昨年(2017)はアコースティック・ギターのみを使用したソロ作『Alleviation』をリリースするなど、表現の幅を広げている。
今作では、音楽的相互作用による新しい表現を親しみやすい状況で創る為に、デュオの形態にしたという。
この、デュオという形式で引き出される最大の魅力のひとつに、ターナーの音色がある。
バンドに合わせてボリュームや音の強度を出す必要がなく、静かでクレバーな状態を維持している。
クールで無機質と思われがちなターナーの音色だが、この録音ではテナー・サックスのもつ温かさを聴くことができる。
楽曲はすべてプラウグのオリジナルで、今作の為に書き下ろしたものから古い曲まで、全13曲。
プラウグはアコースティック・ギターとエレキ・ギターをほぼ半々で使用する。
全体的に、プラウグの伴奏に乗ってターナーが自由に歌うところやメロディをユニゾンする場面が多く、お互いに掛け合うようなインタープレイは少ないが、ダイナミクスや音色の変化、またブレスがぴったり合う箇所などもあり、二人の特別なアンサンブルが感じられる。
凝ったコード進行の楽曲が多いが、シンプルなメロディと和音を厚めに出す伴奏で、過度に抽象的にはならず、適度な浮遊感を保ったサウンドがなんとも心地よい。
また、プラウグのプレイからは、カントリーやブラジリアンを感じさせる箇所も随所にみられ、幅広いサウンドを創っている。
知的でクリエイティヴなコンテンポラリー・デュオ作品だ。

Mark Turner (ts)
Mikkel Ploug (ac-g, el-g)

1. Faroe
2. Neukölln
3. The Red Album
4. Highland
5. Warmth
6. Sailing
7. Ambiguity
8. Como
9. Wagner
10. Steps
11. Celeste
12. Safari
13. Sea Minor
All Compositions by Mikkel Ploug
2018年作品
試聴もここで可能です!
Mikkel Ploug & Mark Turnerの試聴

8月上旬入荷予定 ご予約承り中です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら