おすすめ商品
売れ筋商品

★Erroll Garner Trio / Campus Concert

販売価格 2,350円(内税)
購入数

Mack Avenue Records MAC1162
エロール・ガーナーの“Octave Remastered Series”、第6弾はMGM原盤の『Campus Concert』。
このアルバムは、ガーナー生前にリリースされた最後のライヴ・アルバムで、1962年3月13日にインディアナ州ラファイエットのパーデュー大学で行われたコンサートが収録されています。
メンバーは、最強のトリオ、すなわち、エディ・カルホーンとケリー・マーティンを従えたトリオで、ガーナーの個性、魅力が最も強く感じられるエキサイティングな演奏が続きます。
彼の死後、『ワン・ワールド・コンサート』や『アムステルダム・コンサート』など、このアルバム以降に収録されたライヴ演奏もリリースされますが、それでもこの作品の価値は不滅です。
演奏場所を考慮してまず「Indiana」からコンサートをスタートさせて聴衆を熱狂させたガーナーは、情緒纏綿としたバラードやお得意のマンボ、そしてセロニアス・モンクの演奏でもおなじみの「Lulu's Back In Town」などで強烈な個性を全開にしていきます。
なお、8曲目の「夜のしじまに(In The Still Of The Night)」は、他にガーナーの録音がありませんが、じっくり聞くに値する名演となっています。
また、最後の「La Petite Mambo」は、コロムビア盤『パリの印象』で聴くことのできるガーナー自身のオリジナルですが、もともとこの『Campus Concert』には収録されておらず、今回初めて付け加えられた初登場演奏です。(新譜インフォより)

Erroll Garner (p)
Eddie Calhoun (b)
Kelly Martin (ds)

1. Indiana (Back Home Again In Indiana)
2. Stardust
3. Mambo Erroll
4. Lulu's Back In Town
5. Almost Like Being In Love
6. My Funny Valentine
7. These Foolish Things (Remind Me Of You)
8. In The Still Of The Night
9. La Petite Mambo
1962年3月13日録音

12月上旬入荷予定 ご予約承り中です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら