おすすめ商品
売れ筋商品

仏正統派ピアノトリオ Guilhem Flouzat Trio / A Thing Called Joe

販売価格 2,200円(内税)
購入数

Sunnyside SSC1492
パリ生まれ、NYを拠点に活動するドラマー。
エリック・ハーランドに師事。
デイブ・リーブマンといった大御所、またリオネル・ルエケ、ギラッド・ヘクセルマンらとの共演歴がある。
前作『Portraits』ではベン・ウェンデルやベッカ・スティーヴンスなどが参加した、全曲オリジナル作だったが、今作ではピアノ・トリオで全曲スタンダード(ミュージシャンズ・コンポジション含む)である。
すべてはFlouzat 宛の一枚の手紙から始まった。
それは、旧友Laurent Coq からで、「サリヴァンとトリオでレコーディングをしてみたら?スタンダードとか演奏したもの、ぜひ聴いてみたいんだけど。」といった内容だった。
オリジナル曲のアルバムを考えていたFlouzat だったが、これがきっかけで方向転換することになったという。
マンハッタン音楽学校のクラスメイトだった3人によるレコーディングは順調に進み、多くの曲がほぼ1テイクで録られ、その日のうちに計18曲も録音したとのこと。
非常にリラックスした雰囲気の漂う内容。
注目はサリヴァンのユーモアと遊び心満載のプレイ!
コロコロとしたフレージングに自由自在のリズム感、抑揚溢れるダイナミクス。
高い技術と音楽性を、小難しく披露するわけでなく、全て音楽の表現に注ぎ込んでいるかのよう。
リーダーのFlouzat はやたら前に出ることなく、小気味よいドラミングで、アンサンブルに徹している。
古き良きジャズを踏まえつつ、現代の感性で表現した良作。(新譜インフォより)

Sullivan Fortner (p)
Desmond White (b)
Guilhem Flouzat (ds)

1. There's No You (Hal Hopper & Tom Adair)
2. Oska T (Thelonious Monk)
3. Perdido (Chano Pozo)
4. When I Fall In Love (Victor Young & Carolyn Leigh)
5. Walking My Baby Back Home (Fred E. Ahlert & Roy Turk)
6. Midnight Mood (Joe Zawinul)
7. Mrs Parker of KC (Jaki Byard)
8. Happiness Is A Thing Called Joe (Harold Arlen & Yip Harburg)
2017年作品
試聴もここで可能です!
Guilhem Flouzat Trioの試聴

9月下旬入荷予定 ご予約承り中です。


この商品を買った人はこんな商品も買ってます

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら