おすすめ商品
売れ筋商品

「DEEP JAZZ REALITY」名門AKETA’S DISK復刻第2弾 11タイトル

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
世界初CD化 明田川荘之 / 外はいい天気 2,200円(内税)

アケタズ・ディスク第2弾となるリリースは、再びレーベルを主宰する明田川荘之の作品。 山崎弘一(ベース)、亀山賢一(ドラム)とのトリオ編成で、アケタの店におけるライヴ録音である。 松風鉱一作曲の野趣のあるワルツ「ワルツ・フォー・アケタ」、タンゴとジャズの融合に明田川一流のペーソスを注ぎ込んだ「外はいい天気」、アケタ色に染まったスタンダード「マ・フーリッシュ・ハート」など、耳を捉えて離さない好演が並ぶ。 初期の明田川を代表する1枚である。

世界初CD化 生活向上委員会 / ライブ・イン・益田 2,200円(内税)

1970年代初頭、梅津和時や原田依幸らを中心に活動を始めた生活向上委員会。 多くのミュージシャンが出入りし多角的な活動をするが、柱のひとつだったのが松風鉱一を中心とした、いわゆる生活向上委員会<松組>である。 島根県益田市におけるライヴ録音となる本作は<松組>が同メンバーで残した唯一の作品。 次第に熱を帯びる重厚なトリオの演奏に刃のように切れ込むサックス。 コルトレーン作「インプレッションズ」からして圧倒的な熱量と密度だ。

世界初CD化 つのだ☆ひろ / サマー・サンバ 2,200円(内税)

つのだ☆ひろのキャリアのスタートはジャズ・ドラマーである。1970年代半ば、浅川マキのバックとしてアケタの店に出演したつのだは明田川荘之と意気投合、セッションを重ねるようになる。 この時期に録りためた音源から抜粋されたのが本作である。「1曲30分~50分なんてのザラ」と言うように、演奏は徹底的に熱くて濃い。 この炸裂感、このドライヴ感。 鬼神のドラム・ソロに昇天。

世界初CD化 明田川荘之 / フライ・ミー・トウ・ザ・ムーン 2,200円(内税)

片面に1974年の録音を、片面に1978年の録音を収めた作品。 ともに山崎弘一(ベース)、宮坂高史(ドラム)という、気心の知れた盟友とのトリオ編成である。 “パワーとアイデアが微妙な接点を持って君臨する”とは明田川自身が本作を評した言葉。 優雅でいながら力感が溢れるワルツ「おばちゃまお手をどうぞ」や、ボサノヴァを取り入れアケタ流に再構築された「フライ・ミー・テュー・ザ・ムーン」など、何人たりとも真似のできない、天才・アケタが堪能できる。

★丸山繁雄 / ア・ヤング・ファーザーズ・ソング 2,200円(内税)

日本では数少ない、男性ジャズ・ヴォーカリストとして活躍する丸山繁雄。 その実力を世に知らしめたのがファースト・アルバムである本作『ア・ヤング・ファーザーズ・ソング』だ。 20人の気鋭のミュージシャンが奏でるサウンドは重厚にして炸裂感もあり、あたかも祝祭のようである。丸山が作詞・作曲を手掛けた4曲を含む全7曲、痛快極まりないサンバから大きなスケールで紡ぐアフリカ民謡まで、大袈裟ではなく全曲が聴き所。 文句なしの名作だ。

★渋谷毅 / 渋やん 2,200円(内税)

作・編曲家として成功を収めるなか、1970年代半ばに明田川荘之の演奏を聴きピアニストとしての活動を再開。 この邂逅がやがて本作の誕生へとつながる。 一音たりとも無駄のない美しいピアノ。 決して饒舌ではないがその説得力は圧倒的だ。 ちなみに明田川は、本作を制作するにあたって26時間テープを回したという。 ソロ・ピアノ屈指の名盤である。

★河野康弘トリオ +1 / ピース 2,200円(内税)

1953年生まれの河野康弘がピアノを始めたのは19歳のとき。 その2年後には早くもキーボード奏者として矢沢永吉のバンドに加入したというから驚きだ。 バッキング・ミュージシャンとして活躍する一方、自身のグループを率いてライヴハウスなどで活動、満を持して放ったファースト・アルバムが本作『ピース』。 マッコイ・タイナーの音楽に出会いジャズに導かれたという河野。 「ライク・マッコイ」やコルトレーンに捧げられた「J.C. ブルース」に情熱と気概が滲む。

世界初CD化 明田川荘之 / 山崎ブルース 2,200円(内税)

わたしあなたのなんなの~”と歌うヴォーカルに度肝を抜かれる「山崎ブルース」で幕を開ける本作。 呆気にとられるうちに、続くエモーショナルなアフロ・モーダル「アフリカン・ドリーム」に胸を熱くし、さらにはソロ・ピアノで重厚かつ端正に紡ぐ「フットプリンツ」に感嘆の溜息をもらし、終曲「ディア・オールド・ストックホルム」に落涙する。 本作をひとたび再生したなら、私たちは明田川荘之の手の平の上である。 トリオ編成による4曲とソロによる3曲を収録。

世界初CD化 河野康弘 / ローマ・イン・ザ・レイン 2,200円(内税)

その内容と存在感でコレクター/リスナーから特別な1枚として寵愛される、河野康弘の傑作セカンド・アルバム。 ファースト・アルバム『ピース』の録音から2年。 ライヴ録音となる本作では、より焦点の定まった力強い自己表現がなされている。 ピアノ・トリオ+ヴィブラフォンという編成も見事にはまり、明田川荘之が“トレーン以来の迫真の熱演”と評した「ダンシング・ドールズ」をはじめとし、熱気と瑞々しさを合わせ持つまさに入魂の演奏である。

世界初CD化 明田川荘之 / アット・ザ・バベル 2,200円(内税)

明田川荘之(ピアノ)と吉野弘志(ベース)のデュオによるライヴ録音。 新たな録音機材が嬉しくて仕方がなかったこと、中耳炎を患っていたこと、お客が2ステージ目を待たず皆帰ってしまったことなど、なんとも“人間臭い”エピソードを持つ、アケタズ・ディスクらしい作品だ。しかも初回プレスは音に難ありで全て廃棄、作り直したというから極めつけである。 “即興の機微を愛する渋いツウ好み”とは明田川の言。 じわりと沁みてくる、ぜひ聴き込みたい作品だ。

世界初CD化 丸山繁雄 / Yu Yu 2,200円(内税)

『ア・ヤング・ファーザーズ・ソング』から6年振りとなるセカンド・アルバム。 6曲中5曲が丸山自身による作詞・作曲である。 湧き立つようなマーチ「タックル・ダウン!」、神秘的で美しいバラード「ユーユー」、愛娘に贈った陽気な「リエのサンバ」、スキャットで攻めに攻める「ストレート・ノー・チェーサー」など、本作でも丸山の才は爆発。 “あふれる愛!きらめく知性!”の謳い文句に偽りなし。 日本産ジャズ・ヴォーカル・アルバム最高峰のひとつである。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら