おすすめ商品
売れ筋商品

Chiaroscuro

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
★Adam Makowicz Trio / Handful of Stars 2,300円(内税)

ポーランド出身の人気ピアニスト、アダム・アコーヴィッツがアメリカに渡り、ジョージ・ムラーツ、ジャック・ディジョネットという最高のリズム陣と録音した80年代の隠れピアノトリオ名盤。

★Bill Charlap Trio / Along With Me 2,300円(内税)

人気ピアニスト、ビル・チャーラップの初期作品で、ジェントルでありながらモダニティ溢れる彼のスタイルが存分に聴くことができる。ショーン・スミスとはデュオで、アンディ・ユーラフとロン・ヴィンセントとはトリオによるパフォーマンス。

★Roger Kellaway Trio / meetsGene Bertoncini & M.Moore 2,300円(内税)

ロジャー・ケラウェイのドラムレス・ピアノトリオ・アルバム。滋味深い落ち着いた雰囲気に溢れた大人のピアノトリオ作品となっており、機知に富んだウィットと余裕に溢れた演奏が、素晴らしい。

★Mike Jones Trio / Live at The Green Hill 2,300円(内税)

当キュアロスキューロ・レーベルからソロピアノ作品もリリースしている若手ピアニスト、マイク・ジョーンズの2005年シカゴの「グリーン・ミル」でのピアノトリオによるライブ作品。

★Dorothy Donegan Trio / OIncredible inc.Dizzy Gillespie 2,300円(内税)

黒人女性ピアニストのリジェンダリー、ドロシー・ドネガンの91年のライブ録音。ジャケットから漂ってくる雰囲気そのままに、力強く粘りのきいた圧倒的なパフォーマンスが収録。ガレスピーは3曲目「スイート・ロレイン」のみに参加。あとは全てピアノトリオによるもの。

★Dorothy Donegan Trio / Live with ClarkTerry 2,300円(内税)

こちらは、1992年にクラーク・テリーをゲストに迎えたライブ作品。テリーは、4曲に参加、若々しい張りのあるソロが聴けます。

★John Bunch Trio / Tony's Tunes 2,300円(内税)

ジョン・バンチ、バッキー・ピザレリ、ジェイ・レオンハートという上品で、ユーモアやウィットを持ち合わせ、スイングと軽妙洒脱の世界を上手く描き上げることが可能な極上ピアノトリオ。こういうの聴くと疲れが取れますね。

★Terry Gibbs / Play That Song 2,300円(内税)

白人ベテラン・バイブラフォンの一人者、テリー・ギブスのカルテット作品。「Sweet Young Song Of Love」は名曲。寺島さん好みのアクティブな哀愁メロディーだ!

★Jesse Green Trio / Sea Journey 2,300円(内税)

ジェシー・グリーンの歯切れの良い明快なタッチとスイング感抜群のピアノトリオ(2曲)とギター、ヴァイブラフォンの名手(ジーン・バートンシーニ、ジョー・コーン、ゲイリー・バートン)をそれぞれフィーチャーしてカルテットで吹きこんだナンバーからなる1995年作品。

★Don Friedman / Hot House 2,300円(内税)

ドン・フリードマンが中堅テナー奏者ティム・アマコストとのカルテット中心に録音した2003年作品。ピアノトリオで1曲、ベースとのデュオで2曲、自身のソロも1曲収録されており、構成面で変化をつけています。

★Junior Mance's Floating Jazz Festival Trio / MANCE 2,300円(内税)

ジュニア・マンスの1998年のFloating Jazz Festival 出演時のライブ録音。ブルース・フィーリングたっぷりのトリオでの演奏に、ルー・ドナルドソン、アルトゥール・サンドバル、エッタ・ジェームズら豪華なゲストをフィーチャーしたナンバーが収録。

★Junior Mance Trio / FloatingJazzFest` guestBenny Golson 2,300円(内税)

ジュニア・マンス1995年Floating Jazz Festival出演時のライブ録音。トリオによる演奏と、テナーのベニー・ゴルソンが参加したカルテットによる演奏が収録。

★Junior Mance Trio / The Floating Jazz Festival Trio '97 2,300円(内税)

ジュニア・マンスのレギュラー・トリオによる1997年Floating Jazz Festival出演時のライブ録音。4曲目にヘンリー・ジョンソン(g)5曲目にレッド・ホロウェイ(as)が加わります。

★Sean Smith Quartet / LIVE! 2,300円(内税)

中堅ベーシスト、ショーン・スミスがリーダーとなったカルテット作品。ピアノは、ビル・チャーラップ。アラン・メスキダは知る人ぞ知るアルトの名手で艶やかな音色とそこはかとない情緒を醸し出すフレージングが素晴らしい。

★Bucky Pizzarelli, John Bunch, and Jay Leonhart / NY Swing 2,300円(内税)

ジョン・バンチ名義でJohn Bunch Trio / Tony's Tunes(CHIAROSCURO372)がありますが、こちらは同メンバーのよる作品で、3者連名になっています。白人らしい洗練性とスイングと歌心に溢れた心温まる作品。

★Dave Glasser Quartet / Begin Again 2,300円(内税)

Nagel hayerやArbors にも録音がある白人正統派アルトの第一人者デイブ・グラッサーの第3作目。ピアノは、タッド・ハマー。

★Jack Wilkins / Reunion 2,300円(内税)

名盤「Merge」と同じメンバーによる24年ぶりのリユニオン作品。曲により、オリジナルメンバーの4人に、マイケル・ブレッカーが参加。

★Jon Gordon Quartet / QUARTET 2,300円(内税)

フィル・ウッズの愛弟子ジョン・ゴードンの1992年作品。師匠ウッズも参加。こんなにストレートにスイングしているビルスチュのドラミングは、他ではあまり聴けないかも?

★Gene Bertoncini / Jobim -- Someone To Light Up My Life 2,300円(内税)

ギターの名手、ジーン・バートンシーニのジョビン集。サウダージに溢れた滋味深いプレイが、素晴らしい。ギター・ファンはマスト・アイテムの一枚です。

カートを見る

商品カテゴリー
店主のコーナー
VENTO AZUL
日々の業務連絡、 その他思いついたこと、感じたことを徒然なるままに・・・
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら